brandon_2
img_slide02

ジャーニー・メソッドとは

私にとって、ジャーニー・メソッドとは?

By ジャーニー・ジャパン代表 森 友紀

“人として成長しつづけるために”

セミナー風景

「“ジャーニー”ってなんですか?」と尋ねられたら、
まずはこうお答えするでしょう。

ジャーニー・メソッドとは、催眠術やヒプノセラピーとはまったく違う種類のマインド・ボディ・ヒーリングのワークであり、自己成長のための手法です。

最大の特徴は、からだの感覚を手掛かりに、未消化の感情を浄化していく最先端の手法です。

ジャーニーのワークは、基本的に二人一組となって行われるもので、「施術者」がいません。誰かに「癒してもらう」のではなく、私たち自身がスクリプトと呼ばれる台本を読み進むことで、「癒しが起こっていく」のです。

それにより、心理的・感情的なブロックや思い込み、繰り返されてきた不健全なパターンから自由になります。治癒能力が活性化され、からだと心の癒しが起こるだけでなく、無限の可能性の中で生きる本来の姿へと自然に変わっていきます。

– ワークのやり方は?

具体的には、二人一組となり、椅子に座って目を閉じて行います。

ワークのやり方は、通常の意識を保ったまま、その瞬間の『からだの感覚(感情や身体の微妙な変化)』を手掛かりにして進んでいきます。例えば「胃がきりきりする」とか「のどが締め付けられる」などという感覚から始めていきます。

 そして、私たちに内在する深い英知から、現在抱えている悩みや人生の指針に対する答えを、自然に導き出していきます。

ジャーニーのスクリプトは、念密に計算されて作られたもので、それに沿っていくだけで、簡単にどなたでも潜在意識にアクセスできるように設計されています。

ジャーニーの仲間たち

「なぜ、からだの感覚なのだろう?」と思われる方もいるかもしれませんね。

それは、からだが直感的で正直だからです。私たちのからだには自動反応という機能があり、本当は何をすればよいのか、本当は自分に何が必要なのかを、私たちの思考よりもずっとよく分かっているのです。

怒りで頭に血が上る、恐怖で顔が真っ青になる、心配で胃が痛いなど、普段なにげなく使っている言葉にあるように、からだと気持ち(感情)は非常に密接に繋がっています。

ジャーニー創設者ブランドン・ベイズの言葉を借りると、『からだは“魂の羅針盤”』なのです。

私自身も何百回もジャーニーのワークを体験していますが、ただ意識を開いてリラックスし、からだの感覚を素直に観察していくと、ワークのなかで必要なことが全て自然に起こっていきます。

その上、近年の再生医学の進歩により、体の細胞(約60兆個)は、定期的に新陳代謝しており、再生する自己治癒能力があることは、科学的に証明されています。

細胞の新陳代謝は、私たちの生命維持に不可欠なのです。ジャーニーでは、細胞の持つ治癒力を最大限に活性化していきます。

私自身の体験としては、私は中学生の頃から、十二指腸潰瘍に悩まされ、痛みで日常生活に支障をきたすことが多々あったのですが、その大元の原因(細胞の記憶)をワークにより明らかにしたら、長い間抱えていた症状は数か月後には消えてなくなりました。

– ワークはどんな手順で進みますか?

潜在意識が、私たちの行動、思考、反応の90%以上を決定しているのを、ご存知の方もいらっしゃるでしょう。

リラックスして、ただ“からだの感覚”にしっかりと意識を向けることによって、潜在意識に密接に働きかけていきます。

そして、不健全なパターンや自分を制限するビリーフを、無意識の内に作り出してしまった記憶のなかの瞬間を突き止めていきます。十分な注意を払いながら、その過去の感情を思い出していきます。

ここで重要なのは、過去の記憶の詳細ではなく、その時の“感情”(体感)を純粋に感じ、感情のしこりを解決することです。それが終わると、本当の意味での「深い許し」と「内なる英知」が自然に湧き上がってきます。

それは出来事に関わった相手に対してだけでなく、自分自身に対しても、深い許しが自然に起こってくるのが、このワークの特徴です。

その結果、表面的ではなく、潜在意識そして細胞のレベルで、人生に大きな変化が起こっていきます。

ワークショップでは、からだの感覚や、内面で起こっていることに、しっかりと意識を向ける為の練習や実践を数多く行っていきます。そして、潜在意識の中にある行動・心理・感情的ブロックや制限を、根本から解放していきます。

– ジャーニー・メソッドは誰でも出来ますか?

ジャーニーのワークは、もちろんどなたでも行っていただけます。

癒しに自主的に関わりたい、自己成長のために日々使えるメソッドを手に入れたい、ご自身に内在する無限の可能性や力を自分で解き放ってみたいと思われている方には、これほど強力なものはないかもしれません。

上級コースでは、エニアグラムや細胞神経学に関する知識も学んでいきます。

身体面、感情・心理面での悩みの解決からスピリチュアルな探求まで、人生のどんな側面に対しても、安心してお使いいただけます。

– 一時的な効果では?

私自身の話をさせていただくと、私は、以前は国際機関やメディアで働くなど、ビジネスの第一線で働いてきた実務的な人間です。

ですので、初めてジャーニーのワークショップに参加した時は、「一時的な効果ではなく、実際に日常生活の中で使えるものなのだろうか?」と疑っていました。

しかし、このワークを行うことで、キャリアや物質的な満足感など“外的”成功では埋めることのできなかった空虚感は消え、自分の“内なる”英知に触れ、心の静寂さとともに新たな可能性の中で生きることができるようになりました。

そして、これはどなたにも習得でき、どこにいても実践できる手法だと自信をもって言えます。

一度学んだメソッドは、その後のご自身の日常生活のなかで、色々な形で自由に使って頂けるのが、ジャーニーのもうひとつの大きな特徴です。

人として成長し続けるために

無意識の内に行っている不健全な思考・行動パターンや心理的ブロックというものは、私達誰もが持っているものです。

しかし、からだの感覚と潜在意識の助けにより、その制限から解放され、よりはっきりとした意識の中で、自由に、充足感に溢れ、幸福とそして彩りに満ちた、可能性に満ちた人生をおくることができるのです。

家族やパートナー、友人などの人間関係がより良いものになるだけでなく、心身の健康、集中力アップ、仕事の満足感、自己価値感が上がる、心の平穏さなど、人生の色々な場面で変化がはっきりと表れていくでしょう。

心身をケアする方法を学ぶことで、以前では考えられなかったような人生の可能性が広がっていきます。人としての器がどんどん大きくなっていき、常に成長し続けることができます。

自分自身を心から信頼し、人生の旅を心から楽しみ、新しい可能性の扉を開き続ける。

それを可能にしてくれたのが、私にとってのジャーニーです。


なにが期待できるの

ジャーニー・メソッドを使うことで、期待できる変化は:

  • 溜め込んできたネガティブな感情をデトックスし、こころとからだが根本的に癒され、軽々と感じられます
  • 豊かさを遠ざけている行動、思考パターンや思い込みから自由になり、本当に豊かな人生を手に入れることができます
  • 人を自然に許すことができるようになり、軽やかな心で生きられるようになります
  • 繰り返してきたネガティブなパターンがなくなることで、対人関係がスムーズになり、心から交流できる関係をつくれます
  • 自分の魂本来の姿を知り、次元の高い生き方が出来るようになります
  • 揺らがない心の平和と安心感を持って、今後の人生を生きられるようになります
  • 身体的、感情的、心理的な悩みの軽減または緩和が期待できます
  • 人生の本当の目的を理解し、大好きなことをやり、自由で軸の通った人生を生きることができます
  • 様々な自分の感情に振り回されなくなり、感情を健全に扱えるようになります